インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは、ホームページ、ブログ、SNS(facebook、twitter他)、動画共有サイト(youtube他)などでユーザーに有益なコンテンツを公開し、合わせてSEO/SEM対策や共有・拡散されるような取り組みを行い、顧客側に見つけてもらうことによって製品/サービスに関心を持ってもらう、顧客を獲得するマーケティング手法です。

旧来のマーケティング手法との違い

インバウンドマーケティングはインターネットの普及に伴い新たに生み出された手法となりますが、その反対で旧来から行われてきたアウトバウンドマーケティングというものがあります。
インバウンドとアウトバウンドの違いは以下の通りです。

インバウンドマーケティング

  • インターネット中心(ホームページ、ブログ、SNS、動画共有サイト)
  • 企業側はコンテンツを提示し、SEO/SEM対策やSNSでの情報拡散に取り組む
  • 顧客は自身の興味や関心に基づき自発的に行動し、情報を取得する
  • 顧客に見つけてもらう仕掛けを作る、受動的

アウトバウンドマーケティング

  • テレマーケティング、DM、新聞・チラシ・テレビなどのマス広告を利用
  • 企業側が主導権を握り、直接的な情報発信に取り組む
  • 顧客は企業側からの情報発信に応じ、興味関心からずれていても情報を取得する
  • 企業から一方的に情報を送る、能動的
アウトバウンドマーケティングに顧客は疲弊している

企業側から考えると、回りくどい仕掛けを作る手間と効果が上がるまで時間のかかるインバウンドマーケティングより、より直接的ですぐに結果の出るアウトバウンドマーケティングの方が都合がいいと言えるでしょう。
しかしながら、現代の消費者・購買者はインターネットやSNSの普及により情報過多の環境で生活をしており、アウトバウンドマーケティングのような、(顧客側から見て)押し付け型のマーケティングには疲弊し、避ける傾向が強くなってきています。

インバウンドマーケティングがベストなのか

ではインバウンドマーケティングさえやっておけば大丈夫なのでしょうか。
答えは、Yesとは言い切れないと思います。
というのも、コンテンツを提供し顧客側に認知してもらう仕掛けを作るのは大切ですが、インバウンドマーケティングはあくまで顧客側の行動に依存する「受動的な仕組み」であり、企業側ではコントロールすることが困難です。場合によっては仕掛けだけが残ったまま時間が過ぎ、成果が一向に出ないという状況に陥る可能性もあります。

オススメはハイブリッド型

アウトバウンドマーケティング、インバウンドマーケティングそれぞれに欠点があり利点があると思います。
大切なのはどちらを使うのかということではなく「消費者・購買者が必要な情報を必要な時に必要な形で提供する」ということではないでしょうか。
インバウンドマーケティングの仕掛けを作りつつ、アウトバウンドマーケティングで消費者・購買者に情報への接触機会を提供する、双方をうまく組み合わせてバランスよく取り組むのがベストだと思います。

関連記事

  1. ベネフィット

  2. グロースハック

  3. デザイン思考型アプローチ

  4. DTP

  5. コンテンツマーケティング

  6. e-ブランディング

  7. A/Bテスト

  8. SEM

PAGE TOP