DTP

DTPとは?

DTPとは、DeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)を略したもので、「卓上出版」と言われています。 DTPの主な役割は、パソコンでデータを作成し、実際に印刷物を作成することです。

DTPにはどんなものがあるのか?

主なものとしては、名刺、リーフレット、パンフレットなどの1枚ものがありますが、その他大型のポスター、複数枚のカタログや小冊子などもあります。

関連記事

  1. デザインマネジメント

  2. A/Bテスト

  3. ヒートマップ

  4. IA(情報アーキテクチャ)

  5. e-ブランディング

  6. リッチメディア

  7. コンテンツマーケティング

  8. デザイン思考型アプローチ

PAGE TOP