タッチポイント

タッチポイントとは?

タッチポイントとは、企業やブランドと顧客の接点・関係性を持つポイントのことです。具体的には、ウェブサイトやロゴマーク、名刺、パンフレット、更には営業マン、商品やサービス自体、店舗や口コミも含まれます。

タッチポイントの重要性

そもそもかつては営業マンや店舗、カタログなど、タッチポイントは限られていましたが、インターネットの普及により顧客へのアプローチ手法が多様化しました。これに伴い顧客へのアプローチ機会や影響力も増加し、マーケティングを考える上においてはとても重要なポイントに位置付けられています。

タッチポイントでストーリーをつくる

タッチポイントが多様化したことにより顧客がどのポイントで意思決定を行なったか(ホームページを見て決めたのか、広告を見て決めたのか、口コミを見て決めたのか、など)、効果測定を行うのは容易ではありません。
しかし、タッチポイントをつなげてストーリーを仮定することにより、顧客が意思決定をするまでの様々なアプローチにおいて効果が確認できるとともに、ポイントを定点観測してより成果の高いマーケティングプランを作ることが可能となります。

関連記事

  1. リッチメディア

  2. ヒートマップ

  3. デザイン思考型アプローチ

  4. グロースハック

  5. レスポンシブWebデザイン

  6. オールウェイズ・オン・マーケティング

  7. IA(情報アーキテクチャ)

  8. UX(ユーザーエクスペリエンス)

PAGE TOP