デザイン思考型アプローチ

デザイン思考とは?

デザイン思考とは、デザイナーがデザインを行う過程で用いる特有の認知的活動を指す言葉です。
これまで一般化・普遍化された概念を0から見直し、分解して再構築する思考、と解釈されます。

問題解決思考との違い

これまで主流とされてきた問題解決思考は「問題の分析→仮説検証→解決のための施策立案」という流れですが、デザイン思考の場合は「問題の観察→本質の分解/見直し→解決のための再構築」という流れになります。

デザイン思考の台頭

情報の氾濫による価値観の多様化や需要の複雑化により、これまでの主流であった問題解決思考だけでは対応できないケースが増えてきています。それに対してデザイン思考では「本質の分解/見直し」というプロセスを踏むことによって新たなアイデアを生み出すことができ、価値観の多様化や需要の複雑化により柔軟に対応できると考えられています。

関連記事

  1. IA(情報アーキテクチャ)

  2. デザインマネジメント

  3. グロースハック

  4. モバイルファースト

  5. A/Bテスト

  6. SEM

  7. リッチメディア

  8. SEO

PAGE TOP